浮気や不倫でのウソの見分け方


ウソの見分け方

身体の動作には、個人のクセや生活習慣などもあり、一概に全ての人にあてはまるものではありません。
相手の普段の習慣をよく観察しておくことが大切です。

1.

視線が泳ぐ(目を左右にうごかす)
→思いを巡らしている。言い訳を考えている。

2.

自宅にいても、しょっちゅう携帯を気にする(着信にやたらと敏感)
家の中にいても常に携帯を持ち歩く。

3.

目をそらす
→ウソを見抜かれるのを恐れている。

4.

「必要以上に」目をじっと見つめてくる
→ウソが見抜かれないように、あえて見つめる(動揺を隠す為)

1.

早口になる
→早く話題をそらしたい、または終わらせたい。動揺している。

2.

聞いてもいないのに、自分から答える、またはよくしゃべる。
→話の主導権を握ろうとしている現われ。

3.

沈黙(黙る)
→話すことでウソを見抜かれるのを恐れている。ウソをつくのに自信がない。

4.

怒った口調になる
→いわゆる「逆ギレ」。イライラしたそぶりや、怒ることで話を遮断したい。

身体

1.

目、口に手がいく。(目をこする、口に手をやるなど)
→ウソが出やすい場所に無意識に手がいく。

2.

落ち着きがなくなる。(ウロウロしたり、爪をいじってみたり他のことをし始める)
→相手と向き合う事が怖い、目を合わせたくないが為の口実。