妻・嫁、主人・夫の浮気(不倫)が発覚した後の対処法!


浮気発覚後の対処法

「許す事は愛する事」という気持ちを持ちましょう。
責めるのではなく、許し、信じることで相手は謝罪と反省の気持ちを持つことが出来るのです。
相手を責めるよりも、許す。これが関係修復の近道ではないでしょうか。

 

※あくまでも関係修復を求める人の為の、対処法の一部です。

決して責めたてないこと

相手は責めたてられると、パニック状態から逃げの態勢に入ります。
そんな相手にいくら何を言っても相手は攻撃されているとしか受け止めることが出来ず、話し合いには決してなりません。

あなたの気持ちを一言だけ、相手に伝えましょう

責めたい気持ちをグッとこらえることができたら、一言で気持ちを伝えましょう。
戦闘態勢だった相手は拍子抜けすると同時に、よりあなたの気持ちが伝わります。
(相手の罪悪感をあおることに)

一言を伝えた後は、同じ話を繰り返さない

ついつい気になって、その後や怪しい動きに対して敏感になりがちです。
グッと我慢して相手が自分自身で浮気をやめる時間をつくることが重要。
いつまでも蒸し返されることで、自己防衛態勢をとり、より浮気という行為から抜け出せなくさせることになりかねません。

相手を『信頼』していることを常にアピールする

人間は誰しも信頼されると裏切れないという心理がはたらくものです。
逆に信頼されていないと思えば、その通りの行動をとってしまうのです。
携帯を覗きみたり、普段の行動を怪しんだりしてはいけません。

相手にとってより居心地のいい自分と環境を作る

自分を裏切った相手に対して尽くすということは、 裏切られた側からすれば理不尽な話です。
反対に尽くす事で、黙って自分を信じ、尽くそうとしている相手を裏切っているという罪悪感をあおることにもなります。