6.恥ずかしいこと言わないで


恥ずかしいこと言わないで

初めにキスをして、それから胸を触る。

 

今日は順番が逆になっちゃったけど。

 

かわいいとか、キレイだとかたくさん言いながら、ソフトタッチで触り続けていると、女の子のほうが我慢できなくなってくる。

 

しばらくすると俺に身体を擦りつけるようにしてくるから、そうなってから初めて下着を脱がせる。

 

そうすると、パンティに沁みができるくらいアソコが濡れている。

 

里沙も、いつもそうだ。

 

今だって、もう我慢できないっていうような苦しそうな顔で俺を見る。

 

股のギリギリのところでカットされてるジーンズのショートパンツを脱がせると、ピンク色のコットン地の小さいパンティを履いていた。

 

よく見ると、全体にブタの模様になっている。

 

なんでこんな色気のないもの履いてるかなあ。

 

今日、俺を誘おうって初めから思ってるんだったら、もう少し考えろよ。

 

ベッドの上に仰向けになっている里沙は、胸元が薄紫色のレースになっているキャミソールを胸の上まで捲り上げている。

 

ブラはしてないから、大きいバストが剥き出しだ。

 

仰向けに寝てるから乳首がちょっと外を向いている。

 

ショートパンツは俺が脱がせてしまったから、下は子ブタちゃんの模様のピンクのパンティだけになっている。

 

脚を少し開いているのは、そこを触ってほしいからだ。

 

俺は、ピンクの子ブタの上から二本の指で里沙の股間を触った。

 

「う、ん……」

 

里沙が身をよじって、もっと脚を開く。

 

布地の上から軽く叩いたり、こすったりしていると、じんわりと布地が湿ってくる。

 

このへんがクリトリスかな、と思ったあたりを集中的にこすって、指の腹で少し強めに押す。

 

「あぁん……たなべくぅん……」

 

里沙が自分の手でバストをつかんで揉み始める。

 

そろそろいいかな。

 

俺は、思いきり乱暴に子ブタのパンティを剥ぎ取った。

 

「いやっ……」

 

全然イヤじゃないくせに、里沙のやつ演技過剰なんじゃないか?

 

脚をグイッと開かせて、割れ目に指先を入れる。

 

「里沙、すっげー、濡れてる」

 

「ばかっ、恥ずかしいこと言わないでよ」

 

「だって、ほんとに、ビチョビチョになってるぞ」