22.初めての絶頂


初めての絶頂

「あっ……待って……」

 

「どうしたの?」

 

動きを止められた裕之が不審そうに由美子の顔を見る。

 

「お願いだから、ゆっくり動いて、こんなに大きいの初めてなの」

 

「心配しなくても、気持ちよくしてあげますよ」

 

浅い場所をゆっくり動いていた裕之が、だんだん奥に進んでくる。

 

初めにわずかに感じた痛みはすぐに消えて、とめどなく溢れる蜜液で滑らかに動いていた。

 

「あっ……」

 

「痛かった?」

 

「ううん、そうじゃないの、裕之君の太いところが通るときに……」

 

「ここを通るときに、キツイんでしょ」

 

そう言って、裕之が一度抜いたペニスを再び由美子の中に入れた。

 

「あっ、そこが……」

 

「感じる?」

 

「ええ、感じるわ」

 

入口まで抜いてから再び深く挿入することを何度か繰り返すと、由美子も裕之の太さに慣れてきて自分から腰を押し付けるほどに感じてきた。

 

裕之がさらに奥までグッと入ってくる。

 

初めて届く場所で由美子は、今まで知らなかった快感を得た。

 

グイグイと最奥を刺激されるたびに、全身にビリビリ快感が走る。

 

頭のてっぺんから指の先まで痺れて、由美子は意識を失いそうになった。

 

「由美子さん、すごく締めつけられて気持ちいいよ」

 

「あぁっ……もう……」

 

「イキそう?」

 

「も……いくわ……」

 

「俺も……俺もイクよ」

 

「あっ……あっ……ああぁーっ!」

 

由美子は、ペニスを挿入されたまま絶頂を迎えたのは初めてだった。

 

相手と一緒に達したのも初めてで、そのことに妙に感動していた。

 

「由美子さん、よかったよ」

 

裕之が軽く唇を合わせてくる。

 

「わたしも、すごくよかった」

 

裕之の頭を抱きしめて、自分の胸に押しつける。

 

由美子の身体に腕を回した裕之が満足そうに息を吐いた。

 

そのまま、しばらくまどろんでから、どちらからともなく身体を離して身支度をした。

 

別れ際に裕之が由美子の耳元にささやく。

 

「心配しないで、由美子さんのご主人と俺、血液型が同じだから」

 

くったくのない笑顔を見せて裕之は帰っていった。

 

夏が終わると裕之は、離婚した母親の元に引っ越した。

 

翌年、由美子は元気な男の子を産んだ。